2014年6月18日水曜日

食品検査が信用できない理由

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

この画像は広野町で米を検査した際の表示画面です。
大きく「PASS」と出ていますが、
セシウム0.0ベクレルとあるその下、
K-40も0.0ベクレルと表示されています。

米には自然由来のカリウム40が必ず含まれています。
これが検出されないということは、
つまり正しい検査が行われていないということです。

こんなことばかりやっていては、
いつまでたっても消費者は被災地の農産物を買えない。
だから風評も実害もごちゃまぜの状態が続いているのです。

●追記
広野町の米は、サッカーW杯の日本代表の合宿でも食べられてるみたいです。

3 件のコメント:

  1. 2011年6月2日の記事についてです。

    写真を窃盗しないで。偽の説明文をつけないで。
    監禁されているのはユダヤ系の男性です。
    ドッグウォークという集団ストークで、見に来ているのも男のストーカーです。
    ロイターの元局長を守っていますが、これはロイターやNYタイムズの記事ではありませんよ。
    反原発といいながら、虐待虐殺をしないで。
    偽物の反原発はいらないし、本物の反原発の足を引っ張らないで。

    返信削除
  2. この記事です。やめて下さい。目が見えないんですか?
    どうみても被災者女性ではありませんよ。
    http://mononomikata-kerogg.blogspot.jp/2011/06/blog-post_02.html?showComment=1403579413609

    返信削除
  3. 記事に追記しましたのでご確認ください。
    http://mononomikata-kerogg.blogspot.jp/2011/06/blog-post_02.html?showComment=1403579841740#c7032681801517064963

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...