2017年5月10日水曜日

地方紙「放射能拡散するかも」→謝罪→セシウム3〜9倍に

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

福島・浪江の火事「放射性物質拡散」コラム掲載の和歌山地方紙「紀伊民報」が“謝罪”
http://www.sankei.com/affairs/news/170508/afr1705080012-n1.html


浪江・十万山の山林火災 放射性セシウム、3~9倍に上昇 /福島

*  *  *

紀伊民報のコラムでは放射性物質拡散の「可能性」を言っただけで、謝罪するはめに。もう今や放射能について話すこともできない世の中になったようです。原発が爆発して、収束もしてない国なのにね。

1 件のコメント:

  1. ムースクナビコナ菩薩国日本国憲法は宇宙の真理仏法なり


    「日本人なら空気を読むな漢字を読め」
    latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-769.html

    空気は生きていくために呼吸するものであり読むものではない。
    第一空気とか雰囲気とか親からもらった眼で生まれてから死ぬまで見えないものである。
    生物たるもの目に見えないものを読めるわけがない。
    これが宇宙の真理である。
    空気を読めとか、生物失格の愚か者の妄想である。

    霊長類として読まねばならぬものは文字である。
    言葉を文字にして他人に伝える、これが人間である。
    文字が読めない者は人間失格社会人失格である。
    文字が読めてはじめて人間たり得社会人たり得るのである。
    これは人間の真理である。

    すべて生物の言葉は親の真似をして使い方を覚える。
    親のことばを盗用して使うのである。
    これが生物の真理である。
    著作権や特許権や所有権など、人間以前にそもそも生物失格の愚か者の妄想に過ぎない。

    人間だけが文字を使う。
    人間社会には地域によって種々の文字言語が存在するが、特に日本語は地球でもっとも優れた言語であり、最も修得が難しい宇宙で唯一の融通無碍言語である。
    日本人の親から生まれた日本人は皆親の真似をして三つ子(満1歳半)で全員が世界一難しく優れた日本語を使いこなすのである。
    日本人なら両親と両親をこの世に生み育ててくれたご先祖様に感謝してご先祖様のご恩を死ぬまで忘れることがない。
    これが「三つ子の魂百まで」の親孝行と他人に親切である。

    漢字が読めない者は日本人失格である。

    数え16歳満14歳で元服成人した人間という地球霊長類の中でも、日本人中学校卒業者は一人残らず日本語の漢字が読み書きできるのであり、満15歳以上でそれができない者はそもそも日本人の大人すなわち日本国憲法主権者国民失格である。

    そして日本人のご先祖様おとなたちはみな文武両道の武士道と宇宙の真理仏法僧三宝に帰依したムースクナビコナ三宝帰依仏心武士道菩薩であるのだ。

    南無父母無二仏 合掌 www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/bbs.html

    武士道即仏道父母恩重経、

    日本国憲法は地球憲法、

    これが宇宙の真理であるよ(笑)

    地上げ屋サンが止めてくれないからなんぼでもコメ積んじゃった(笑)

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...